カテゴリー「PlayStation 2」の35件の記事

2009年6月19日 (金)

『ローグギャラクシー』一旦、挫折します!

 プレイ時間にして44時間。随分長い期間に渡りプレイを続けてきたローグギャラクシーなんですが、ラスボスが後少しの所で倒せず、もう何か面倒くさくなってきてしまったので、一旦挫折する事に決めました(;´Д`A ``` 正直、プレイ中に苦痛しか感じない・・・


 再プレイ開始はいつになるか解らないけど、セーブデータだけはしっかり残して、ネガティブな印象を忘れた頃にもう一度やろうかなと思ってる。つまり、まだ完全に諦めた訳じゃないんだよね。


 I'll be back.


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

『ローグギャラクシー』最重要箇所でフリーズしたw

 随分前にラスボスと戦った時は最終形態のあと少しの所で負けてしまって非常に落ち込み、それ以降はプレイせずにいたのですが、このままずっと放置しとくのも難だと思ったので少しレベル上げてから再挑戦しパパッとクリアしてしまおうなんて思った。
ので、今回久しぶりのプレイではあったがまぁ良い感じで最終形態まで持ち込み、後一息という所までラスボスを追いつめたのですが、そこでまさかのフリーズ発生(ノ∀`) アチャー


 という訳で、クリア、またひと月ほど先延ばしになりそうですw まだ諦めないよ(#`Д´)


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

新たに購入したソフト2本

 何だか久々にゲームソフト購入した気がする^^; というか、ブログ記事も久々に書いている気がする。ええ、モチベーションは下がっていますが辞めたりしませんよ、シロイブログw と言う訳で新たに購入してきたソフトの内訳は


・『ロストプラネット-エクストリームコンディション』
・『キングダムハーツ-ファイナルミックス』


 の2本。ロスプラは買い直しで、キングダムハーツは2のみ所有している状態なのでどうせなら一作目からプレイしたい・・という事で購入をしてきたもの。
 ロストプラネットは最終ステージ付近まで進めていたのにも関わらず売却をしてしまった経験有りなので、今回はきっちりクリアまで辿り着きたいと思ってる。割と手応えが合った印象を持っているので最初からプレイ開始するのが気分的に少し重いのですが><



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

『StarOcean 3』購入してきた

 地元店舗にて購入。やっぱり、落とすなら地元で。これは地域貢献へのひとつの答えになりますね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。この前尼で購入した方が便利で安いみたいな記事書いたばかりだったような、、


 正直、付近の店が潰れ始めてるので、直近の店舗は死守する気持ちでの購入。まぁ、1000円だったけどね^^; これからDL販売が勢い付きそうだから、小売の方達にとっては本当に大変な時代になっていくのだと思います。何はともあれ、応援するぜ!


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『StarOcean 3』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

『ローグギャラクシー』圧巻のムービー

 3つのピースを集め終えた。そして次はどうなるものかと思っていたのですが、次の展開は今まで個々に進行していた小さな話がぶつかり合う場面であり、非常に盛り上がりのある展開になっていた。見せ場ということなのでしょう、そこで圧巻のムービーも挿入される。


 この後の展開に期待出来そうな話の流れになってきましたが、ローグギャラクシーをプレイした人の中にはこのイベントの直前であるグラディウスタワー辺りで蹴ってしまった人も結構多いんでないだろうか。


 個人的にしんどさを感じたポイントは2点あり、ひとつは序盤の「ローゼンカスター刑務所」、もうひとつは先程名前を上げた「グラディウスタワー」。この2つで諦めそうになっている人がいたら、その時は是非、俺のことを思い出して欲しい(`・∞・´)


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

『ローグギャラクシー』グラディウスタワー攻略中

 プレイ時間は25時間弱。2つの塔のうちひとつを攻略し、その後で少し詰まった。片側の塔にいたボスを倒した後、連絡棟経由でもう一方の塔を攻略するのかと勝手に思い、同じ様な場所をグルグル回っていたずらに時間を浪費していました^^;
 結局、一度一階にテレポして別塔から再度上り直すのが正解だったようで、そんなこんなで今は5/10階辺りに留まっている所。ほんと、2つの塔で苦労も2倍だなー(棒)以下、気になった部分を上げておく。


装備変更でキャラグラ変化
 最近の、よりリアル感の増したRPGでここらへんの要素の手を抜くと結構萎えてしまったりするものですが、、このゲームでは装備した武器がキャラクターのグラフィックにしっかり反映されるのは◯。防具を装備しても同様にキャラグラは変化するのですが、それを作る手間の為か防具自体の入手が稀だったりすることは少し残念に思える。がその反面、防具を手に入れた時の嬉しさも一入です。


街の住人が空気》  
 とてつもなく広い街の中に、そこそこの街人が居てそれぞれに名前が付けられているのは良いと思ったのですが、喋る内容が本当にどうでも良い一言文章であることが殆どなので、結局俺は街人にボタン押してまで話しかけようとは思わなくなってしまった。手間の問題なのか分かりませんが、もう少し実のある事を話す街人が多くても良かったのでは、と今は思っている。ただ、話すべき相手にはちゃんと分かり易い目印が表示されている事は親切であり◯だと思います。・・そういった訳で、結局街人は空気なんです。


 ローグを始めて何日目になるだろうか。プレイ時間25時間にして全然終わる気がしない。


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

『ローグギャラクシー』再度惑星ジュライカへ

 プレイ時間は15時間30分。砂漠の惑星を乗り越えて、ルルカの故郷であるジュライカに再度行く事になった。現在はジュライカにある“獅子王遺跡への道”という場所を探索中。敵がとてもつえー><  しかしここまでのプレイで仲間も増えたりしているので、メンバーをマメに交代しながら武器を強化したりといった作業が非常に楽しくなってきた感がある。他に気になったことと言えば・・


シームレスの快適さ
 とにかくロード時間に悩まされる事がないので、それについては快適そのもの。シームレスということと関係あるのか分かりませんが、マップも普通のRPGと比較すると非常にデカく感じる。
 昨今は、広いだけの退屈なマップはユーザーに嫌われ易い傾向があると思うのですが、このゲームの場合は区画毎にトランスポーターで区切られているので、慣れてくるとそのだだっ広さもデメリットであるとはあまり感じなくなってくる。
 仮にアイテムが必要になったら、ショップが近辺にあるトランスポーターへワープすれば良いだけの話だったりするので、広いマップもこういう作りならばそこまで苦にならないんじゃないかな、と。『インフィニットアンディスカバリー』もこれと似た作りだったらもっと楽というか、快適だったろうになぁ(ノω・、)とまぁ、このマップの広さとシームレスが組み合わさって、良い感じに俺を楽しませてくれてます^^


武器を変えないと倒せない敵は、倒さない
 特定の武器を使わない事には倒せない相手については今の所大体即スルーしている。何故なら、このゲームでは武器を変えるという操作が非常にやりづらいシステムになっているからだ。ここら辺、オブリビオンみたいに指定の武器へのショートカットコマンドなんかがあればもっと快適な戦闘が楽しめただろう事を思うと、何かもったいないよなとか思ったりはしました。


たまに切ないシーンが挿入される
 ここまでのプレイで切ない気持ちにさせられてしまった箇所がふたつある。ひとつはローゼンカスターの死に様を見た時。もうひとつはディーゴの仲間であったゲイルの死に様を見た時。ゲイルの時は挿入歌なんかも入ったりしたので、どっちかというと雰囲気に負けたのかもしれない。


 現在ストーリー中盤辺りなのだと思いますが、この後もゆっくり進めていこうかなと思います。


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

『ローグギャラクシー』SSファクトリー攻略完了

 現在のプレイ時間は10時間30分。一旦詰まりそうになったローゼンカスター刑務所をなんとか抜けて、つい先程SSファクトリーを攻略し終えたところ。こちらはローゼンと比べてなんら苦もなく乗り越える事が出来た。


 ここで気になりはじめてきたのが“このゲームのダンジョンには単調なものが多い”ということ。単調なのはまぁ良いとして、それが比較的長く続く為にプレイする側がダレてしまうという、、この先の展開でどうなっていくのかは分かりませんが、ネット上のレビュー等で散々指摘されているのを目にして来たので、今後もこの点に関する印象が大きく変わる事は無さそう><
 と同時に、その退屈さに拍車をかけているのが音楽。何というか、メリハリのようなものが全然ないのですね。雰囲気をぶち壊すような音楽ではないと思うのですが、盛り上げるものでもないだろうというか、、。上であげた要素が、ローグギャラクシーの光っている要素をくすませてしまっている側面はあると思う。雰囲気としてはドラクエ8っぽくてとっつき易そうなんだけど、中身は結構癖のある印象です。


 ただ、ここまでのプレイで戦闘やこのゲームの進め方が一通り分かってきたので、ストーリーがスムーズに進み、面白味も増してきた感はある。アホみたいに堅かった敵を、合成した武器によりバスバス倒せるようになった時の気持ち良さは正にRPGといった感じ^^


 とりあえず、勢いに乗れば一気にクリア出来そうだ。


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

『WILD ARMS 4』クリアしました

 思ったよりもスムーズにクリアすることが出来てしまった。スムーズというのは、途中でダレてしまったりすることがなかったという意味で。クリア時間は32〜3時間位。最後の辺りは一気に駆け抜けた感があります。  32時間もの間一気にプレイすることが出来たのは、テンポ良く挿入されるカットシーンのおかげもあったかもしれない。通常のRPGの場合、カットシーンに入るまではそれなりにボリュームのあるダンジョンなりを攻略しないとならないものが多いが、このゲームの場合はダンジョンの要所要所にカットシーンが挿入される。なので、これがテンポの良さに繋がり、プレイし易さに繋がっていたという側面はあるかな、と。


 それにしても「死」が多かったな。このゲームには大きな流れとして“主人公である子供達が周りの大人達の死を乗り越えて成長していく”というものがある。そこら辺やりすぎると“もう死に過ぎ〜”的な反感を買ってしまったりもするのでしょうが、子供が主役の単なる薄味な冒険RPGになっていなかった事については個人的に好感触でありました。全年齢対象ものとしてまとめられているので、あくまで描写はマイルドですが(゚ー゚)
 あと、主人公の子供らしさ(純粋なる無謀さとでもいうかw)にイライラさせられることが何度も何度かありましたがw そんな子供な主人公であるだけに、ラスボス前後の演出にはグッときたものがありましたね。


 とまぁ、今ならかなり安く購入することも出来るので、お暇な方は試しに一度遊んでみるのも良いんじゃないでしょうか^^ 主人公像が古過ぎる所に癖を感じましたが、総じて面白かったです。


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『WILD ARMS 4』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラジアータストーリーズ』購入してきた

 どんな感じのRPGなのか事前情報が俺の頭に全く入っていなかったので、一応YouTube検索してからポチッた。普段は店舗からソフト買うようにしてるのですが、今回の買物はAmazonから^^



 ネット上の評価をザッと閲覧したところ賛否両論といった感じでしたが、とりあえず大まかに掴めたこのゲームの特徴は・・・


戦闘が面白い
エンディングに一癖有り
シナリオには批判的な人が多い
仲間が多いどうたらこうたら


 よく目についたのはこんなところ。グラフィックはYouTubeで確認したので、あとは自分で確かめ・ゆっくりと楽しんでみようと思う。プレイ出来るのは多分1〜2ヶ月後(゚ー゚)


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ラジアータストーリーズ』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧