カテゴリー「PlayStation」の7件の記事

2009年7月 5日 (日)

プレイステーション風のiPhone用ケースが海外で話題に

 いつものようにネットの海の浅〜いところをクロールしていたらPlayStation型のiPhone・iPod Touch用ケースを見つけてしまったのでご紹介。


 このプレステ型iPhone用ケースの価格は$20で、コントローラが$7らしいです。関連リンクのオークションサイトで販売された所、あっという間に売り切れてしまったそうで。
ハンドメイドのようなので何点出品されていたのかもよく解らんのですけど、すぐ売り切れた様は何となく想像出来る気がします。

Iphone_case
 上が商品の画像。手作り感が何ともかわいいですやね。コントローラのスタート・セレクトボタン辺りが眠そうな顔に見えてしょうがありませんw そう考えると、微妙に物欲が沸いてくる方も案外多いのではないでしょうか。
そして、あまりオタっぽさを感じさせないキュートな雰囲気の所も、かつてのゲーム機らしからぬプレイステーションのデザイン性の高さを物語っているように思えます。
変な話、男性より女性が持っていた方がしっくり来るかもわからんねコレは。


 より多くの商品画像は関連リンクからどうぞ^^


関連リンク
Felt Playstation iPhone/Cellphone Case by rabbitrampage on Etsy


関連記事
Gizmodo - I Dare You to Not Buy This PlayStation iPhone Case Immediately - iphone cases

We can't stop buying this PS1 iPhone case



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

『FinalFantasy IX』クリア後の感想

 プレイ開始から数ヶ月かけつつ、ちょこちょことプレイを重ねながらようやくエンディングへと辿り着く事が出来た。クリアタイムは確認するのを忘れてしまったんだけど、多分35〜40時間位?30〜35時間位かもしれない。そこら辺あまり気にせずのんびりとプレイしていた。


 なんとなく、ダラダラとやっていたら気が付けばラストシーンに突入していたぜ・・という感じだったのですが、このゲームのストーリー・展開的にはこれといって予想以上の何かがあった訳でもなかった気がする。悪い言い方になってしまう様ですが、良くも悪くも自分の推測した流れから大きく外れる事はなかった。最後に突然◯タ◯が現れるというシーンも、正に予想した通りの展開。とはいえ、そんなシーンを目にした俺の心は・・


 ( ´;ω;`)ブワッ


 っとなってしまいましてw 予想通りでありつつもキてしまったのはやはりツボをつかれてるという事であり、そんな辺りに、このゲーム全体を通しての普遍的な良さみたいなものがあったのかな、と感じてしまいました。この普遍的な良さの事を“ガイア系FF”とでも呼んでおきたいです。

Ff9
 FF7をはじめ、こういったガイア系RPG(Grpg)を既にいくつか体験していたので驚く様な要素はなかった、、つまり、自分的には逆にベタベタかなぁと感じてしまう展開が多く見られたのですが、ベタである事をつまらない事と考えるより、外さない事がいかに大事な事なのか、逆に見せられたような気がします。
 ゲームの中には喜怒哀楽がしっかり盛り込まれているようなイメージで、システムも分かり易くて遊び易い、、つまり、とても安定しているという印象がありましたね。


 とまぁ、総じて面白かったと思う。クリア後の爽やか、かつ温かな後味は、何となくFF4やFF5をクリアした時のそれを思い起こさせるものがあった。要するに、全体を俯瞰で見た感想を一言で言い表すとすれば、とてもFFらしいFFだったなと思います\(^o^)/


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『FinalFantasy IX』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

『FinalFantasy IX』ディスク3へ突入した

 かなり久々にFF IXをプレイ。ゲームとしての手応えはあまり感じないが、話としては面白い。というか、全体的にキャラがかわいいんだよなぁ〜^^
Ff9_02
 とはいえ、その内容にはなかなかシリアスな面もあったりして、かわいいだけで終わっていないのはさすがFF。


 この調子でいくと割とすぐに最終ディスクである4枚目まで到達してしまいそうなんだけど、この物語がスムーズに進み過ぎる感覚が今の自分的にあまり好みではない、という印象がある。ここまでの難易度は“very easy”という感じ。安心して楽しめる反面で、刺激がない。
 しかしそう感じる一方で、出来るだけ多くのプレイヤーに登場キャラの魅力を届けるにはこの位の難易度で良かったのかもしれないなと思えたりもする。ゲームの進行・話の流れにただただ没頭することが出来る。
 そうした話の流れを楽しむと同時に、アビリティ等がテンポ良く溜まっていく過程を楽しむ、、こうした感覚は自分がFF IIIの頃に初めて体験したものであり、そういう視点から見るとFF IXも非常にFFらしいゲームなのかなと思ったり。黒魔導士のルックスとか、モロに初期FFを連想させるよねぇ^^

Ff9_04
 今更だけど、リアルタイムでやっておくべきだった〜(/ー\*)


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『FinalFantasy IX』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

カプコン : 旧作20〜40タイトルをPSNに投入の予定

 カプコンが、PS1やPSP等の旧作20〜40タイトルをPSNで配信する予定がある事を明らかにしたそうです。語ったのはカプコン米法人のシニアディレクターChris Kramer氏。何でも、この中にはバイオハザードやストリートファイター等のタイトルも含まれているとか何とか。


 安直過ぎる予想だとは思うけど、『PSP GO!』的なものと関連のある発表だったりして?この中に特別驚きのある類のタイトルが含まれている訳ではないとは思うけど、20~40って数字の大きさには驚きだなぁ。他社のPSPに対する動きにも少し注目してみたいですね。


関連記事
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20~40タイトル配信 - Game*Spark




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

『FinalFantasy IX』プレイ開始

 手つかずだったFFIXのプレイを開始する事にした。とりあえず現在はディスク1/4序盤ですが、もう何というかFFという感じで安心して遊ぶ事が出来る印象です^^ 初代PSという事を疑ってしまいそうな位の緻密なグラフィックには、ただただ感嘆するより他ない。
Ff9
 ビビ、超可愛いw
Ff93_2
 街の雰囲気もファイナルファンタジーしてます。
Ff95
 上同。
Ff94_2
 やはり映像の美しさもFFシリーズの売りなのだと再認識。
Ff96
 質感の高さに嫉妬。
Ff97
 若さに嫉妬(オイ(´-д-`))


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『FinalFantasy IX』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

『WILD ARMS』プレイ開始ですよッ!

 今現在は超序盤でストップ中。“博覧会の最中に城と城下町が襲われ、魔物にゴーレムを奪われた”という状況です。


 初代『ワイルドアームズ』の対応ハードはPlayStationということで随分昔のゲームになるのですが、今やっても余り違和感とかなくプレイ出来てしまうもんですね。映像こそ可愛げがあるものの序盤からヘヴィな展開になっていて、なかなかに面白いと感じてしまいました。

Wa001_2
 城を襲われて王が死す・・という展開でスタッフクレジットが流れるのですが、その背後でかかる音楽がとても良い、、半分寝ながらプレイしていたので(笑)何というか夢見心地な感じでした^^;


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『WILD ARMS』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

『FinalFantasy IX』購入してきた

 気になってはいたのだが、未だにプレイもせずに何となくスルーしてしまっていたソフト。FFシリーズでクリアしていないタイトルは、このIX(9)とXI(11)の2つだけなんだよなぁ。


 という事で、名作との声も大きいこの作品も、近いうちにやってみようと思っている。XIは、その特殊さから余り興味が沸かないので、多分今後もプレイする事はないだろうと思う。


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『FinalFantasy IX』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)