« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の31件の記事

2009年4月30日 (木)

『MAG』ゲームプレイ動画と新たなスクリーンショットが公開された

 新たに公開された動画は下記。スクリーンショットは関連リンクからどうぞ^^
 グラフィックについては最近のゲーム的に驚くようなものがある訳でもありませんが、このゲームの特筆すべき部分はなんといってもオンラインにあるそうな。256人で対戦出来るとか何とか、、凄い。というか、凄過ぎて逆に心配w 256人対戦と言っても何か漠然としている感があるので、256人対戦はこんだけ熱い!みたいなものがスッキリ理解出来る動画とか配信されると良さそう。


関連リンク
SCRAWL Screenshot Gallery | April 29, 2009



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Gears of War 2』発売日決定!

 MIDNIGHT LIVE 360 ~Microsoft SPECIAL(生放送)にて、マイクロソフトの泉水氏により『Gears of War 2』の発売日が発表されました。下記動画(視聴には要ニコニコ動画アカウント)で確認することが出来ますが、7月30日に発売決定という事になったようです。



 この生放送に関する事前情報はザッと見ていたのですが、常務に昇格して忙しくなったから泉水氏は来ないみたいな事が言われていたと思うんですけどwww そりゃ仕方ないだろと自分も思っていたんですけど。来たんですねw GoW2の発売日発表も含め、これぞ本当のサプライズ(*^ー゚)bグッジョブ!!
 上記動画によると、次回は6月2日に放送されるとのこと。ここでも所謂サプライズ的なものがあるかも?とフラグを立ててから番組は終了しました。なら次回はちゃんと見よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『FinalFantasy XIII』体験版は1080pで動作している?

 ソースによると、FF XIII(体験版)はアップスケールではなくネイティブ1080pで動作しているとの事だ。リンク先にてアップスケール版との画質の違いを実際に確認する事が出来る。


 自分も見てきましたが、はっきりと分かりました。・・どっちも綺麗!(オイ
 製品版が出た時はそこら辺について後々検証される事と思いますが、要はフルHDモニタを使用されている方は1080pでプレイしてみれば良いって事なのではないでしょうかね^^

Lightning
 自分もHD機を購入後暫くは1080p等の仕様的な事に関して気になってはいたんですけど、最近は“720pでも全然構わないよ”って感じだったりするんですよね^^; なんかもう、アップスケールで構わないですというか。だって、現世代のHD機で1080pグリグリ動かすのって何か辛そうなんですもんw
 ・・・と感じているので、画面上に映っている絵が良ければ1080pだろうが720pだろうが何でも良いよなと感じるこの頃。それより遥かに大切なのがゲームの中身なんですよね(これ一番大切)。もしもFF XIIIが1080pで動作しているのだとすればそれはそれで素晴らしい事だと思うんですけど( ^ω^ )




※追記(2009年5月1日)


 gamezine.co.ukによると、上記の検証は誤りであるとのこと。具体的には、ゲームは720p(with 2xMSAA)で動作し、CGI Cutsceneにおいては1080pで動作しているということのようです。一部引用させていただきますと・・・



 引用[gamezine.co.uk]
The fansite still appeared to understand that the game may not render its graphics at 1080p, though their point was not entirely clear. So to clear things up, we can confirm that the Final Fantasy XIII demo runs at 720p with 2xMSAA.

This resolution and its included anti-aliasing, which removes "jaggies" by adding an intermediary shade between polygon edge steps, still results in a very clean image. The quality of the demo's in-game graphics truly show off how great an engine Square Enix has created for the PlayStation 3 game.



 まぁそういうことですが、、720pであれ映像の美しさには変わりがない。なのでスクエニ製であるこのエンジンの出来も素晴らしいよね、といったようなことのようです。その他にも、PS3のゲームではこうしたミックスドレゾリューション的な手法を採用するのがスタンダードになってきている(既に採用しているゲームが多くある)こと等を合わせて指摘されていた。
 1080pによるカットシーンを挿入出来るのはまぎれもなくBDの長所であると言う事も出来そうなので、こうしたムービー重視のゲームとは相性の良いハードと言う事も出来るんじゃないかな、PS3は。MGS4なども然り。てかそこら辺どうすんだろ、Xbox360版FF XIIIは^^;


 とまぁ、個人的にこれ以上技術的な話に立ち入ることも出来ないので、この件を追うのはここでスタップにします( ;´・ω・`)


ソース
FF-XIII.net ~ Final Fantasy XIII - Versus XIII - Agito XIII

追記分ソース
Final Fantasy XIII doesn't render in 1080p - Gamezine.co.uk



| | コメント (0) | トラックバック (0)

カプコン : E3にて新たな新作を2つ発表?

 この新たな新作というのは『デッドライジング2』『ロスプラ2』『MvsC2』等、最近発表されたもの以外のタイトルであるとか。その新作2つがE3で発表されるという噂が流れているようです。ソースはカプコンがTitter accountを経由して語ったものであるようです。
 GameZine.co.ukが語った所によると、2つのタイトルのうちひとつはサプライズ出来る類のものであり、もう一方はそうでもないだろうとのこと。


 このように、E3開催前にも色々な情報(噂含む)が小出しに出てきそうなので、当分ネタに困るような事はなさそうですね\(^o^)/当日に向けて期待感が高まってしまいますね\(^o^)/


関連記事
Capcom To Announce Two Titles At E3 ‘09 |
Capcom's New Games: One will surprise, one we'll see coming - Gamezine.co.uk



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンが作ったストリートファイター専門誌

 現在、StreetFighter blogにて「streetfighter magazine issue2」のダウンロードをする事が出来るようです。


 「streetfighter magazine issue2」は、海外のストリートファイターファンによる、ストリートファイターファンの為のデジタル雑誌。レビュー有り、ページ後半には漫画も有り、イラストなんかもほどよく配置されている感じの全37ページです。
 言語は英語ですが、シリーズが好きな方・気になる方は一度ダウンロードしてみると良いのではないでしょうか。無料でDLする事が出来ますが、いつまでDL出来るのか等、そういった所までは調べてないのでよく分かりませんm(_ _)m(相変わらず適当過ぎry)。


関連リンク
The Street Fighter Blog: Street Fighter Magazine issue 2 is now online!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『StreetFighter IV』について

『StreetFighter IV』至って地道にプレイしている所ですが: シロイブログ(ゲーム専門)

シロイブログ(ゲーム専門): 『StreetFighter IV』初プレイの印象

シロイブログ(ゲーム専門): 『StreetFighter IV』購入してきた




発売日 : 2009年2月12日(Xbox360・PlayStation3)

対応ハード : Arcade・Xbox360・PlayStation3・PC(予定)

ジャンル : 対戦型格闘ゲーム

開発元 : CAPCOM

発売元 : CAPCOM




関連リンク
STREET FIGHTER IV 公式サイト
STREET FIGHTER IV|ストリートファイターIV オフィシャルブログ




 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロストプラネット2』デモ配信もあるそうです & ゲームプレイ動画

 現在、自分は初代ロストプラネット・エクストリームコンディションをプレイしていたりするのですが、続編のクオリティ凄いですよねコレ(*´д`*) もはやリアルタイムとかプリレンダとか気にならんレベルだし。
 しかしコレ、今ロスプラやってるからこそ分かるんだけど、どっかでムカついてコントローラで自分のふとももを叩く事になるだろうな・・(*´Д`*) 最近、よく解んないけどふとももをコントローラで叩くんですよね、上手くプレイ出来ない事への罰みたいな感じで(ほんっっとどうでもいい話だな)。


 しかしまぁ、これ系のソフトって日本じゃてんで弱かったりするけど、今回もまた海外では間違いなくヒットするのでしょうね。ここまで海外で外れそうな気のしない日本製ソフトも珍しいよ、逆にw とりあえず、遠からずの内に配信されるというデモ(体験版)を楽しみに待つ事にしよう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

『StreetFighter IV』PC版にはゲームの見た目を変化させるシェーダ機能が搭載されている?

 Capcom Unity blogにて『StreetFighter IV』PC版に関するいくつかの新しい情報が明らかになったそうです。その情報によると、PC版はGames For Windows Liveタイトルであるとのことで、実績とボイスチャットをサポート。その他、higher resolutionのサポート、ゲームの見た目を変化させる事の出来るシェーダ切替機能のようなものもサポートしていたりするようです。尚、発売日等の肝要なる詳細については未だ未定の模様。
Sf4
 とりあえず、PC版特有の目立った機能というのは、この中に限ってはシェーダ切替機能という事になるのでしょうか?一応、関連記事ではそこら辺の具体的な変化の具合を比較画像を用いて確認する事が出来る状態になっています。気になる方は参照してみるとよいのでは、と^^


 こっちはつい先日コンシューマ版を購入したばかり(まだ未プレイ)なので、ある意味凄いタイミングで情報出て来たなと思ったのですが、何はともあれプレイする為に最低限必要なスペックについては気になる所ではありますね。


関連記事
Big Download Blog



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『DeadRising 2』ファーストトレーラーが公開されている

 何と言うか、このムービーを見た時デッドライジングにハマっていた時の感覚が蘇った。そういう意味ではこの続編、非常にデッドラらしいと言って良いのかもしれない。レストランっぽいBGMとか何か好きだw
 開発をしているのは本家カプコンではないようですが、出来には期待したいというか、期待の出来そうな印象がありますね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シルバーペンダント<ライトニング>』が6月に発売される

 スクエニのMerchandising Diary(blog)によると、6月に『シルバーペンダント<ライトニング>』なる商品が発売されるようです。FFXIIIのライトニングをイメージしたペンダントなのか、彼女がゲーム中に身につけているものなのか、そういった事についてはよく分かりません( ´・ω・`)

 
 んでもこうしたゲーム系の商品、昔は好きだったよなぁとか思い出してしまいましたね。上記のシルバーペンダントなんて大人っぽい類のものではありませんが、スライム消しゴムとか、、。色々買っていた記憶がありますけどねw


Se
【全部】(ノ∀`)・゚・。【カワエエよ】

 


関連リンク
SQUARE ENIX PRODUCTS -blog-
SQUARE ENIX ONLINE SHOP



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『The King of Fighters XII』イントロトレーラーが公開されている

 ゲームプレイ動画ではないのであしからず^^
 発売は夏との事ですが、具体的な日にちについて早い所知りたいなと思う今日この頃。情報としては、このタイトルがオンライン対戦にしっかり対応しているのか否か、そこら辺についても同時に気になっています。


 対戦格闘ゲーって、ある程度上手くなれればかなり長く遊べるタイトルだと個人的には思うのですが、やっぱ一人で遊んでるだけでは格ゲー一番の醍醐味を味わう事が出来ないと思うんですよね。
 仮にこのタイトルがオン対戦に対応していないとすれば、発売後程無くしてガクッと値下がりしてしまうだろうな、と思ったり。そういった意味からも、オン対戦に対応しているかどうかって所には注目せざるを得ない所があったりする。中には対応していない格ゲーソフトもあったりするので、、(o・ω・)ノ))VF5


 アーケードでは既に稼働中の本作でありますが、個人的には自宅でまったりプレイしたいなぁと思っているんですけどね。そういった希望の全てがオンライン次第なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『WET』将来的に、ゲームも次第にハリウッド化へ向かう?

 パブリッシャーのゴタゴタに巻き込まれた形の中Artifical Mind & Movements(A2M)により開発の続けられていた『WET』ですが、ファミ通によるとベセスダソフトワークスから2009年に発売されるという事が明らかにされている模様。このゲームの特徴について・・ファミ通.comによると


 引用[ファミ通.com]
 気性が荒くてキレやすいが、見た目は超セクシーでグラマラス。『WET(ウェット)』は、そんなイカした女性主人公が二挺拳銃と刀を駆使したバトルを展開していく新作アクションゲームだ。海外ドラマ、『24-TWENTY FOUR-』の脚本家がシナリオを手掛け、ハリウッド映画界のスタントチームがアクション監修を務めるなど、開発スタッフの陣容は超豪華。

Wet
 とのこと。あの俺が大好きだった『24』の脚本家がシナリオ書いてるんですってね^^ この流れ、単純にゲームに映画的スリリングさを求めてしまうのも致し方ないってな所。


 いわゆる、大御所・人気者的な脚本家さんを雇うのにどれ程の資金を要することになるのか自分には分かりませんが、ゲームは映画とは別物であるとはいえ、脚本の出来がゲームの出来に大きな影響を与える事には間違いがないはず、、であるならば、こうしたトップクラスの脚本家にゲーム作りの為に一筆奮ってもらうってのも、ゲームのエンターテイメント化の流れに沿って極自然な流れであるとは思うのですが…こうした傾向が今後にかけて続く事になるのか否か、個人的に注目してみたい所ではある。


関連記事
『WET(ウェット)』セクシー&ワイルドなニューヒロインが誕生 - ファミ通.com



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

FFの生みの親である坂口氏、新作について言及

 まだ言ってはならない事が色々あるようで、もどかしそうな感がありますが(笑)新作についての感触としては確かなものがありそうな印象を文章中から感じ取る事が出来た(俺エスパー)。少し引用させていただくと・・



 引用[mistwalker]
 ゲームのほうは?というと、基本的に演出部分をシームレスに操作できるのを大事にしつつ、スペクタルシーンはCG混合で、と企んでいます。操作系もちょっと仕掛けをほどこしてあって、ほどよくRPGな戦略性や成長性が溶け込んでいる感じ。状況に対応したちょっとおもしろい挙動を・・・と、これ以上はまだ言っちゃいけないんだ・・・(^^;

 この新作、今年中にはどういうゲームなのか告知できそうです。そのときには、このサイトにも、なるべく設定画や裏話、それから、開発に携わっている皆の紹介を載せたいと思っています。



 演出部分をシームレスに操作できるってのは地味に今までのJRPGにはない部分だったりすると思うので(あったらゴメンw)純粋に楽しみだったりします。それは操作する事の出来る時間が増える、つまり非ムービーゲーであるということを意味していると読み取る事も出来るし、アクション要素の多い(J)RPGと考える事も出来るし、、いずれにせよ、演出が進行している中で自キャラなり何なりを“操作する事が出来る”という試みはゲームとして正解、というか現代的だなと感じますね、個人的に。


 ひとつ残念なのは、その新作についての情報は今年中に告知出来るかもしれない、という箇所。今年中に発売じゃないんだ・・(ノд・。) しかし、今からもの凄く楽しみであるとしか言いようがありません、コレは!^^


ソース
mistwalker



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Marvel vs. Capcom 2: New Age of Heroes』配信確定 & トレイラー公開

 関連記事によると、カプコン発の格闘ゲーム『Marvel vs. Capcom 2: New Age of Heroes』が2009年夏にXBLAとPSNで配信される事が決定したらしい。それと同時に、トレイラーも公開されているので見たい方は下記動画をご覧あれ^^



 これまでも、このゲームの配信を望む声は多数あったそうなのですが、それに対してカプコン側はこれといった反応をせず。このゲームの発売を望む声の高い事が引金となり、今回の配信へと結びついたようです(って需要が無ければわざわざ作らんry)。ってか、今年の夏は色々出そうですねぇ〜> <


 尚、4月30日にはPSN独占でいち早く体験版のDLをする事が出来る予定のようです。国内での配信に関してはどうなっているのか分かりません^^; なので、アカウントを所有している方は海外のPSNを覗いてみるとよろしいのではないかと。体験版の詳細は下記。


引用[gamercenteronline.net]
Here are the details of the demo: Two-player local matches; Six available characters – Ryu, Chun-Li, Strider, Spider-Man, Iron Man and Wolverine; Seven selectable environments; Upscaled 1080p graphics; Widescreen or 4:3 aspect ratio; Two graphic filter options for character sprites; And other cool options to check out.


 要は、ローカル2人対戦の利用可能は6キャラで。って感じみたいです。向こうで配信されていたストリートファイターなんちゃらも似たようなデモを配信していたような記憶がありますけどね(*゚ー゚*)


関連記事
Marvel vs. Capcom 2 Confirmed, Exclusive Demo |



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクエニ : (我々は)ゲームを生産するまでに時間がかかりすぎている

 と、和田社長がGamesIndustry.bizに対して語ったらしい。その中で、コストパフォーマンスの高さとゲームのクオリティは共存させる事が出来ると発言されている。


 スクエニがそうした「ゲームを生み出す(消費者に届ける)までに時間がかかり過ぎている」という認識を持っている、またはそれを認めたって事が話の流れの中での大きな見所。そこを問題視した上でどうするのか、今後開発のペース…言い換えれば消費者の元にゲームを届けるまでのスパンが短くなるのかどうか等、個人的にも気になる部分ではあります。スクエニの新作を出来るだけ多くプレイしたいって気持ちはもっているからね^^ ただ、そうした流れの中で発売されたゲームがつまらなければ(全体としてのクオリティが下がっていたとすれば)本末転倒であるとは思うんですけど> <


 スクエニと言えば、一般的なイメージとして“RPG(ドラクエ・FFなど)を作っている・発売している会社”なのでしょうが、最近はシューティングゲームに手を出したり海外市場への対策としてRPG以外のジャンルを強化しようとしているような感もある。アクションゲーを制作するらしきスタジオを海外で立ち上げたり、とかね。
 個人的には、ムービーゲー色はそろそろ薄めて(しかし薄めすぎるのも逆にどうかとry)いった方が良いんじゃないの、配分的に、、とは思うんだけどなぁ。時代の流れとして、というか。あくまで個人的な意見ではありますけど。もしもムービー(カットシーン)の制作に時間・予算の大部分が注がれているのだとしたら尚更そう思う。


 でもやっぱ、FFXIIIには期待なんだよねぇ・・w


ソース
Square Enix: We take too long to make games // News



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

『Fallout 3 Expansion Pack: Operation Anchorage & The Pitt』なるものがリリースされる

 米Amazonによると、発売日は2009年5月26日で価格は$19.99とのこと。タイトルの通り、『Fallout 3』のDLCをひとまとめにしたパックであるようです。


 コンテンツとしては、「Operation: Anchorage」と「 The Pitt」を含んでいる模様。国内でも海外では5月5日にリリースされる予定である最新のDLC「Broken Steel」は含まれていない。
 この点について、“何故ベセスダは(全てのDLCコンテンツを)ひとまとめにしなかったんだろう”と関連記事では指摘されていた。その上で、このパックがonline retail storeに焦点を当てたものであるらしい事から、後々全てのコンテンツを含んだ上で同様のパックをリリースするのではないかと推測を立てていた。同時に、この『Fallout 3 Expansion Pack: Operation Anchorage & The Pitt』の価格がデジタルダウンロード版と同じ値段である事も指摘されていた。
 個人的には、どうせ同じ価格であるならやはりメディア(DVD)有りの方を選んでしまいますね。中古屋で売れそうですし\(^o^)/


 このパック、米尼でざっと見た所はWin XP版しか確認出来なかったけど、Xbox360版の方も出る予定なのかしら?と同時に、日本の尼でも販売されるのか否か気になる所だが、オブリビオンDLCの例もあるし、ないような気がするなぁ。実際日尼でタイトル打ち込んでもヒットしませんでしたから(。・w・。 )


※確定的な事がよく分からないので、カテゴリは“Xbox360・PlayStation3・PC・噂”扱いにさせていただきます。




※追記
 DLCである「Broken Steel」は国内でも5月5日にリリースされると記載しましたが、誤りでした。5月5日に配信されるのは海外での話です。私、完璧に間違えましたね。(ってか結構よく間違えてるよね)
 尚、国内においては5月29日にDLC第二弾である「The Pitt」が配信される予定であるそうです。詳細については関連記事一番下のリンク(ファミ通.com)よりどうぞ。
 ベセスダ様&読者の皆様、この度は誠に申し訳御座いませんでした( ´;ω;`)ブワッ


 オブリビオン買い直してきます( ´・ω・`)


関連リンク
Amazon.com: Fallout 3 Expansion Pack: Operation Anchorage & The Pitt: PC: Software

関連記事
Fallout 3 retail add-on pack for Anchorage-Pitt coming - Xbox 360 News - QJ.NET
4Gamer.net — 「Fallout 3」,DLC第3弾「Broken Steel」が発表(Fallout 3)
『フォールアウト3』ダウンロードコンテンツ第2弾“The Pitt”の最新情報! 気になる配信日は…… - ファミ通.com




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロストプラネット』奮闘した末、Mission9クリア

 まさかミッションひとつクリアするのにここまで時間かかるとは思わなかった。ステージクリア後、攻略に要した時間を見てみたところ、そこには171分34秒と表示されていましたw いくら何でも粘り過ぎでしょ・・( ;´・ω・`)


 自分は前回、このステージをクリアする事が出来ずに売却してしまった事を何となく思い出しました。要するに、今回のプレイで俺は一歩前進する事が出来たという事だ(`・∞・´)それと一応、171分中の大半を費やしたような気がするボス戦の攻略法をメモ書き程度に書いておこう。


 まず、弱点は2つあり。一つは脚の関節部分。もう一つは頭頂部。いずれもオレンジ色に輝いているので分かり易いですよ^^
 まずは脚の間接を2本破壊する必要がある。弱点は2つとは言ったが、ボスの心臓部は頭だ。この頭を攻めるには脚を2/4本破壊しなくてはならない。バランスが崩れた所で心臓部であるオレンジ頭が露出することになる訳だ。もたもたしてっとピッコロみたいに再生し始めるので注意しような。


 まず脚の関節の攻略から。こちらはロケットランチャー1発、もしくはショットガン+ガトリング共に連射のいずれかで楽に破壊する事が出来る。ロケットならば一発で破壊可能だが、しっかり狙いすました後に発射しないと割と簡単にスカる。弾数の少ない武器なので注意しよう。
 オレンジ頭が露出した後は、空中で制止するなりしてしっかり狙いすました後にロケットランチャー等を確実にぶち当てる。空中で制止する必要とかないが、ロケットに関しては確実に狙いをつけられる(ような気がする)ので空中制止後のロケット発射をお勧めしたい。何度も言うようだが、弾数の少ない武器なので大切にぶち込んでいこうね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
 とまぁ、そこらに落ちてるロケットを全て使ってボスの残り体力が半分前後になる感じだろう。後はショットガン+ガトリング連射で削る×削る!\(;゚∇゚)/


汗かけや〜m9(^Д^)プギャー


 と、こんな感じで何とか逝けた。上記のいずれの方法もちゃんとモビルスーツに乗ってから行って下さいね^^ 以上、初心者による初心者の為の攻略、終了(  ̄^ ̄)ゞ つまり、ちゃんとした攻略サイト見た方が良いよって事ね


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』について



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月26日 (日)

『Front Mission』新作がE3にて発表される?

 既に方々で話題となっていますが、スクウェアエニックスのFront Missionシリーズ最新作がE3で発表される事になるかもしれないという話がOfficial Xbox 360 Magazineに掲載されているようです。これが事実だとすればかなり気を魅かれるニュースだと思うのですが・・問題の証拠らしき画像は下記。


 この画像がマジものなのかどうかは分かりませんが、スクエニが“Front Mission Evolved”というタイトルで商標登録をしていたらしき話も上がっているので、そこまで信憑性の薄い話でもないのかなと。どちらにせよ、真偽の程は近日明らかになるのでしょう。

Rumorfm
 というか、俺ってFront Missionシリーズをプレイした事が一度もなかったりするんですよね・・((・(ェ)・;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロストプラネット』やっぱり難しい

 難易度はノーマルでプレイ開始しているのですが、どうにも一筋縄にはいかなくて大変困っている( ´・ω・`)やはり手応えあるなぁ。というか、割と楽にクリア出来てしまうミッションもあれば、最後に一癖あるボスが待ち構えていたりするステージもあったりで、そこら辺の飴と鞭加減が絶妙。
 以前は倒す事の出来たボスにつまづいてしまい(ミドリメとか)少々イラついたりもしたのですが、やっぱり旨い事作ってあるなぁと感心してしまいます、カプコンのゲームには。やられてムかつきつつも相手の強さ・上手さに感嘆せざるを得ないという感覚w


 個人的に何がイライラするのかって、どうあがいても避ける事の出来ない様な、画面全体が当たり判定になっているとでも言ったら良いか、そんな感じのボスキャラの攻撃。こちらのダウン中にボスの大技を重ねられて、起き上がった所を再度やられてしまう・・みたいなある種のパターンはどうにかならんものかとヘタレプレイヤー的に感じてしまう所があったりして(;´Д`A 全体的に動作がモッサリしている印象があるので余計にそう感じるのでしょう。逆に、シューティングゲームなんだからそういった激しい攻撃をくぐり抜けて反撃していく所に快感がある事も分かってはいるんですけど。
 とまぁ、これ系のゲームは得意じゃないんだからEASYで始めておくべきだったのかもしれないなぁ、と。しかし、なんだかんだ言って面白いゲームだなと改めて思った。


 要するに俺の愚痴ってことですよね、わかります\(^o^)/


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロストプラネット』について

シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』クリアしてた

シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』Mission10は気持ち良くクリア出来た

シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』奮闘した末、Mission9クリア

シロイブログ(ゲーム専門): 『ロストプラネット』やっぱり難しい




発売日 : 2006年12月21日

対応ハード : Xbox360・PlayStation3・PC

ジャンル : サードパーソン・シューティング

開発元 : CAPCOM

発売元 : CAPCOM


プロデューサー : 竹内潤
ディレクター : 大黒健二




関連リンク
LOST PLANET


関連記事
株式会社カプコン | プレスリリース 2006年度

プレイステーション3版ではルカも使用可能に! 『ロストプラネット エクストリーム コンディション』 - ファミ通.com




  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

これはかなり安いフルHDモニタ

 21.5型でフルHD、価格は実売16500円という、ついにここまで来たか的なプライスの液晶モニタ『W2243T』がLGから発売される。プレスリリースによると出荷は4月30日から、とのこと。
W43___f576
 HD機を所有していてかつブラウン管TVを使用している(そういう方、結構居るらしいので)といった人に関しては、こういった低価格な液晶モニタの購入を検討するのも悪くはないのではないでしょうか^^ やはり、SD→HDでは確実に見える世界が違いますからね。もはや何となく違いが分かるというレベルではない!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
 そういった意味で、このプライスのフルHD液晶が出て来たという事は、HDゲーム業界的にもなかなか嬉しい事なのではないでしょうか。まぁこれをPS3で使うという事に関しては、HDMI非搭載の様なのでDVI to HDMI的な変換プラグを購入しなくてはならないと思いますが(1000〜2000円位で購入出来る)。


 俺が使っているフルHD液晶モニタよりほぼ全てのスペックが優れていて、かつ安い。そして、俺が使っているモニタの売却(買取)価格とほぼ変わらない値段、といった辺りに時代の流れとエレクトロニクスの逞しさを感じてしまいます(´-д-`)


 この製品の詳細については関連リンク・記事からどうぞ^^


関連リンク
LG Japan :: プレスリリース

関連記事
LG、21.5型フルHDで実売16,500円の液晶ディスプレイ -AV Watch



| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP・新作イースの発売日・特典が判明

 イースシリーズの新作がPSPで発売されるという事にはさすがに俺もびっくりしたものですが、そのPSPで発売される『Ys SEVEN』と『YsI&II Chronicles』の発売日及び特典内容が明らかになったそうです。発売日は下記。


●Ys SEVEN
 9月17日 発売予定
 価格:6,090円

●YsI&II Chronicles
 7月16日 発売予定
 価格:5,040円


 とのこと。そして、ファルコムファンにとっては無視することの出来ない豪華特典については下記。


 引用[GAME Watch]
●「イース7」の予約特典は、厳選された歴代「イース」シリーズの名曲、人気曲に加え、最新作「イース7」の楽曲も多数収録されるアルバム「イース ミュージックヒストリー」と、RPG「空の軌跡」シリーズの続編「英雄伝説7」の設定画集「英雄伝説7極秘設定画集」の2つとなっている。

●「イース1&2クロニクルズ」の予約特典は、過去にリリースされた「イース」、「イース2」関連アルバムの中からセレクトされた楽曲を収めた「イース1&2ベストサウンドコレクション」。このアルバムには、CD未発売の「イース完全版」や「イース1&2クロニクルズ」の楽曲も収録される。

Ys7
 豪華特典・・ではあるけれど、最近のゲームに関してはサントラが特典になっているものとかやや増えてきた印象もありますよね。そういう意味では特典がサントラではもはや豪華とは言えない時代になっているとも感じる。普通の初回特典みたいなものです。
 しかしそこは日本ファルコム、特典に関して他社の一歩先を行っている感は否めない。イース7に関しては「サントラ」+「英雄伝説7極秘設定画集」ここまで攻めて初めて“豪華特典”と言う事が出来る、そんな感覚はあると思います^^


 発売は両ソフト共に夏という事で割ともうすぐだなという感はあるのですが、その時期は他プラットフォームを含めて本当に色々なゲームが発売される事になりそうですからね。個人的に、イース7をやるにはPSPを購入しなくてはならないといった意でいかんせん敷居が高かったりするのが現実。そちらに関してはPSP2の噂等も含めて少し慌ただしい感もあるので、購入すべきかどうかに関しては迷ってしまうというのが実際の所ですね。何かあるならイース発売前に開催されるE3辺りで大発表をしてもらいたい所ですよ\(^o^)/


関連記事
日本ファルコム、PSP「Ys SEVEN」と「YsI&II Chronicles」発売日が決定。予約特典の情報も公開 - GAME Watch



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

FFシリーズは既に全世界で8500万本を販売しているらしい

 スクエニ3大フランチャイズの(全世界での)トータルセールスが明らかになったらしい。その情報によると


・ファイナルファンタジー : 8500万本
・ドラゴンクエスト : 4700万本
・キングダムハーツ : 1200万本


 世界規模で見ると既にとんでもない販売数に達しているんだなと思ったw ちなみにこの8500万本という数字の中にはFFのスピンオフ作品(携帯のやつとか他色々)なんかも含まれているとの事。詳細は関連記事(※英語)にて。


 というか自分が驚いたのはFFというブランドで8500万本のソフトを販売した云々という事ではなく、国内3大RPGのひとつであるドラゴンクエスト(DQ)シリーズが全世界4700万本のセールスであるという事。気がつけばFFシリーズとの実力(売上)は倍近い広がりを見せていたのだな、と。
 ドラクエ3が社会現象を引き起こしていた頃、両ブランド間の実力はややDQが上回っている印象を持っていたのですが、まぁそこら辺を振り返ってみると時代は変わったのだな、と(あくまで俺個人の印象なので実際の数字がどうなっていたのかは分かりませんが)。単純にFFの方が弾数が多いという物理的な差もあるとは思うんですけど。
 普通のRPGであればシリーズ累計販売(または出荷)本数百万本辺りで止まっているのが大半だと思うのですが、その点を考えてみてもFFというブランドが如何に巨大であるかを思い知らされますよね^^


 昨今は、FFでおなじみだったスタッフが開発から抜けている事もあり(坂口氏や植松氏など)、ゲームとしての質が落ちているといった声も某巨大な掲示板などでチラホラと上がっている気がしますが、これは悪い言い方をしてしまう様ですが“腐ってもFF(いや別に腐ってないけどさ)”、、世界的に見てもこれだけの巨大フランチャイズですから、FFXIIIでブランドの評価失墜なんて事にならないように確実に良いものを世に送り出して欲しいものだと思う、そして大いに期待もしています(`・∞・´)


関連記事
Kotaku - Anyone For Lifetime Final Fantasy Sales Figures? - Final Fantasy
Lifetime Final Fantasy sales hit 85m units | Gaming Industry | MCV



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今現在プレイ中のゲームソフト一覧_016

■『ロストプラネット』
■『アンリミテッド・サガ』
■『イースI・II 完全版』
■『FinalFantasy IX』
■『ローグギャラクシー』
■『ワイルドアームズ』
■『バーチャファイター5』

◯『スターオーシャン2』
◯『スターオーシャン3』
○『ラジアータストーリーズ』
○『Zwei』
○『DragonQuest VII』
○『キングダムハーツ-ファイナルミックス』
○『キングダムハーツ2』

※■ : メイン ◯ : 控え




 完全に積んだみたい・・(p_q*) という状況だから、逆にモチベーションが下落傾向なのかもしれないなw とりあえず最近は、プレイにかかる時間の割に内容がいまいちな事が多いので、JRPGの類には飽きのようなものが芽生え始めてはいる。まぁここ最近集中的にプレイしてきましたからね^^; 無理もないです。


 そんな中で最近プレイしていて特に楽しいと感じる事が多いジャンルはアクション。ここには格ゲーなんかも含む。
 今年は、今発表されているだけのタイトルを見ても面白そうなアクションゲームが沢山発売されそうなので、そこら辺多いに期待しておきたいものです。まぁしかし、俺のRPG好きが変わる訳でも変わったという訳でもありませんけどね^^



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

『0 day Attack on Earth』これは購入しておかねば

 『0 day Attack on Earth』は、SquareEnixからXbox LIVE arcade専用タイトルとして開発されているシューティングゲームです。具体的な配信日や価格に関しては未定。


 何かよく分かりませんがとても良い雰囲気です、この『0 day Attack on Earth』。スクエニからXb LIVE向けにシューティングが出るという話は聞いていたのですが、実際の映像を見たのはつい先程という感じでした。その映像ってのが下記動画になります。


 動画の最後にはcoming soonと表示されているのでじき配信されるという事なのでしょうか。とにかく、何だかよく分かりませんがとても良い雰囲気なので、LIVEの領域を逸脱したような価格設定でなければ俺は確実に購入します^^ 久々に、360用アーケードスティックを活用する時がやってきたよね。


 こういうゲームはカスタムサウンドトラックを活用して遊ぶと熱いんですよ〜o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

『ドリームクラブ』初PV公開☆でも何か違和感ある・・

 クオリティが高い低い云々という事ではないんだけど、下記PVを見ていて何とも言えぬ違和感を感じた。それが何なのか1分位考えてみた所、その答えが何となく見えてきた気がした。
 俺の感じた違和感の正体はおそらく、“ドリームクラブなのに歌って踊ってるやん?!”ってこと。これ結局アイマス(ry いや、非常に下らない事を言ってるのは分かった上での発言ですが、何というかこういう事しちゃうゲームだと思ってなかった所もあったんで・・( ´・ω・`) 良い意味でも悪い意味でも期待を裏切ってくれましたね。歌要素がゲームシステムに組み込まれるのか否か、そこら辺にも注目してみたい。(歌は)PVだけなのかな?


 発売は夏との事ですが、まぁどんなソフトとバッティングしようともほぼ確実に話題にはなるのだろう。需要的に普通のソフトとは別腹って感覚があると思うので。


 ついでに、PUPLISHER(笑)の正体は1stPVが発動(笑)した事に対する仕掛けなんでしょうね(笑)かわいい。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『白騎士物語』大型アップデートの配信が決定したようです

 アップデートの内容は下記。個人的に気になる項目は「引き継いでプレイ」とか「冒険日誌に画像添付」あたりだったりしますが、引き継ぎプレイに関しては再度プレイしてもまた中途半端な同じストーリーを繰り返すだけ・・という意で、どうにも煮え切らないものは感じてしまう。が、これに関してはもう致し方ない事なのでしょう。多くの購入者をもう一度wktkさせるなら、そういった中途半端にしてしまった事に対する答えを出すのが一番だと思うのですが、何つーかそこまで大掛かりなDLCは現実的ではありませんよね、やっぱり。


 公式サイトによると、このアップデートの公開は近日・・との事なので、公開された暁には久々にまた少し遊んでみようかなぁ、なんて思っています^^




≪1st.WAVE アップデート内容≫

【システム】
・メインメニューを一新
・合成済レシピに対してチェックマークを追加
・大型モンスターからターゲットされた際のエフェクトを追加実装
・ACの最大時の演出追加
・戦闘時の抜刀速度を調整
・大型モンスターを倒した際のエフェクトを追加
・オートラン時のアイコン表示を追加
・ミニマップ表示時の際、キャラマーカーの向きを反映するように
・キャラクターメイキングメニューを調整
・“武器合成”“防具合成”の際に合成後の装備品モデルを確認できるように変更

【ジオネット】
・「冒険日誌」に画像が添付できるように
・「マイタウン」にルームマッチングを実装
・「マイタウン」でルーム作成時に「レベル制限」「ギルドランク制限」を実装
・マイタウンに合成ショップを追加
・ルームのメンバー情報にギルドランクを追加

【ストーリーパート】
・「引き継いでプレイ」を実装
・「スタートボタン」にてポーズ機能を実装
・ゲームオーバーの際、「リトライ」か「タイトルに戻る」を選択できるように
・経験値取得計算式を調整(ライブパートは変更ありません)
・行動不能キャラクターは、魔法、アイテムを使用できないように

【バランス】
・スキルコマンドのバランスを調整


関連リンク
白騎士物語-古の鼓動-

関連記事
総合ゲーム情報サイト Online Player EX : PS3「白騎士物語 -古の鼓動-」の大型アップデート“1st.WAVE”が実施決定! 追加クエスト第7弾も同時配信 [ 最新ニュース ]



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーマータグを復元してみた

 随分前に使っていたゲーマータグを復元してみました^^ 前にも一度復元を試そうとはしたのですが、登録に使用していたメアドのパスワードを忘れてしまっていたので、復元出来ずに今まで放置していたという、、ですが、最近ネット側のXbox360公式サイト(?)にてパスワードの再設定みたいなものをして過去に使用していたゲーマータグでログイン出来るようになったので、ついでにタグの復元もしてみた、という訳です。


 ネット時代の商売においてこういった事は当たり前なのかもしれませんが、タグの復元後に以前そのアカウントで購入していたLIVE用のソフトやDLC等を再度ダウンロードしなおす事が出来たことには少々驚いた。購入後短期間での再DLならまだしも、自分の場合はデータの消去後既に数年程経過していましたので^^;
んな訳で、もうプレイ出来ねーだろうなと思っていた『餓狼伝説Special』とか『Zuma』とか『パックマン』等を再DLして久々にプレイしてみましたが、これがまたなかなか面白いもんですね。特にZuma辺りは“こんな面白かったっけ?”と思ってしまう位単純明快で気分転換に最適なゲームだと思った。ついでに、復元したタグで再DLしたLIVE用ソフトは、普通に別のタグでも遊べるようになっているんですね。これが無理なら逆に酷いもんだなと思ってしまいそうな気もするのですが(w)個人的にはそこら辺も含めて意外な収穫だったという感じ。


 とまぁ、俺の中でXbox LIVEに対する信頼性が向上したので、今度スクエニからXb LIVE用に発売されるという新作シューティング辺りを財布とのタイミングが合ったなら購入してみようかなと思ったりしている。以前スクエニから360用シューティングとして発売された『プロジェクトシルフィード』が個人的にツボだったので、その流れでスクエニ発のシューティングには地味に期待していたりするのですよね\(^o^)/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

『マグナカルタ2』公式サイトが4月21日(今日)オープン

 かなり前からXbox360向けとして同タイトルのソフトを開発しているという情報は出ていたのですが、以降何の音沙汰もなかったので開発されているのか否かよう分からん所がありました。が、公式サイトが4月21日にオープンするという事でしっかり開発を続けていた事が分かり俺は少し安心しましたよ。


 下記リンクから公式サイトへ飛ぶ事が出来ますが、ジャンル「愛と憎しみのRPG」って・・(。・w・。; バンナムさんは過去にも“正義を貫き通すRPG”と言ってみたりとか、最近そういうの流行らせようとしてるんですかね?個人的に、そういうの嫌いじゃないけど^^;


 前作であるマグナカルタをやった事がないのでこの続編に関して何とも言い難いものはあるのですが、開発中のグラフィック等を見た限りではまぁ期待出来そうな印象があります。
これは完全に俺の偏見なのですが、マグナカルタってゲームに余り良い印象を持っておりませんので(w)これが新規タイトルとして発表されていたのなら、逆にもう少し期待していたかもしれないな〜なんて気もしています。いやファンの方や開発者の方々に申し訳ない位の偏見なのですが・・( ´・ω・`) < ならそんなこと書くなって話だよね


 という訳で、システムやら色々と新しい情報が公開される事を楽しみに待っているとしよう。


公式サイト
マグナカルタ2 | バンダイナムコゲームス公式サイト



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

『ローグギャラクシー』最重要箇所でフリーズしたw

 随分前にラスボスと戦った時は最終形態のあと少しの所で負けてしまって非常に落ち込み、それ以降はプレイせずにいたのですが、このままずっと放置しとくのも難だと思ったので少しレベル上げてから再挑戦しパパッとクリアしてしまおうなんて思った。
ので、今回久しぶりのプレイではあったがまぁ良い感じで最終形態まで持ち込み、後一息という所までラスボスを追いつめたのですが、そこでまさかのフリーズ発生(ノ∀`) アチャー


 という訳で、クリア、またひと月ほど先延ばしになりそうですw まだ諦めないよ(#`Д´)


関連記事
シロイブログ(ゲーム専門): 『ローグギャラクシー』について



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

新たに購入したソフト2本

 何だか久々にゲームソフト購入した気がする^^; というか、ブログ記事も久々に書いている気がする。ええ、モチベーションは下がっていますが辞めたりしませんよ、シロイブログw と言う訳で新たに購入してきたソフトの内訳は


・『ロストプラネット-エクストリームコンディション』
・『キングダムハーツ-ファイナルミックス』


 の2本。ロスプラは買い直しで、キングダムハーツは2のみ所有している状態なのでどうせなら一作目からプレイしたい・・という事で購入をしてきたもの。
 ロストプラネットは最終ステージ付近まで進めていたのにも関わらず売却をしてしまった経験有りなので、今回はきっちりクリアまで辿り着きたいと思ってる。割と手応えが合った印象を持っているので最初からプレイ開始するのが気分的に少し重いのですが><



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »